植物環境学にみるラン
 ランも自然環境の中で適応的に生活をしています。それらの適応的な形態をここで書いていきたいと思います。

ランの耐陰性機構
ランがどのようにして暗い環境の中で生きてゆく事が出来るのか、葉の構造を中心にまとめてみました。なぜ陰性をランを強光下に出すと枯れてしまうのか、きっと分かるハズです。


着生ランの風と熱放出
着生ランの生育にはどうしてほどよい風通しが必要なのか、病気予防以外にも理由があります。多くの着生ランが採用しているCAM光合成。この方式の光合成には風によりある物の損出を促さなければならないのです。ここにランと風の係わりの深さがあります。





戻る
戻る



SEO [PR]  ローン比較 再就職支援 バレンタイン 無料レンタルサーバー SEO