The genus Amitostigma



 
Amitostigma keiskei(岩千鳥)
特徴
基本的には初夏〜夏にかけて花を付けるが、株や地域によって開花期が異なるものが知られており、栽培下では春から楽しめる。和名の由来は花の形が空を舞う鳥の姿に似ている事による。ご覧の通り、普通種は安く手に入ります(^^;
原産地
本州中部、四国

 
Amitostigma kinoshitae (雛千鳥)
特徴
可愛らしい1cm程の花を1〜数輪咲かせる小型の原種。良く湿った岩場などに生育し、稀に群生する。自生地からは白花など、様々な物が選抜されているが、必ずしも栽培は容易ではない。
原産地
日本、朝鮮半島

 
Amitostigma lepidum (沖縄千鳥)
特徴
日本の沖縄など、温暖な地域に生息している小型のラン。様々な花の変化が知られている。他の物とは異なり、冬季に生育し、開花する。性質は強いが冬季の生育温度が保てないと栽培は難しい。
原産地
日本(沖縄以南)、台湾



戻る
戻る



SEO [PR]  ローン比較 再就職支援 バレンタイン 無料レンタルサーバー SEO