Epigeneium



 
Epigeneium amplum
特徴
この属としては大柄の原種で花も大きく時には10cm近くにもなる。広い範囲に生息しているため花の大きさには個体差がある。また、生息範囲の標高差も広いので適応範囲が広いのではないかと思う。
原産地
中国〜タイ 標高500〜2100m

 
Epigeneium cymbidioides
特徴
書ききれない程のシノニムを持つ原種。小種名は花の見た目がシンビジウムに似ている事からついた。直射日光は好まず、夏場50%、他は光強度に応じて遮光を行う。育てやすいがやや標高のある場所に生えるので高温時に打ち水等をして夜温を下げる。
原産地
マレー半島、スマトラ島、ジャワ島 標高2200〜2800m

 
Epigeneium nakaharaei
特徴
小型の原種で、1本の花茎に1輪の花を咲かせる。花の色彩は派手ではないが、コルクに付けると大株に出来るので開花期は見応えがある。花の寿命も長いので長期間にわたって楽しむ事が出来る。
原産地
台湾中央部 標高800〜2400m



戻る
戻る



SEO [PR]  ローン比較 再就職支援 バレンタイン 無料レンタルサーバー SEO