Rhynchostylis



 
Rhynchostylis gigantea
特徴
インドシナ半島の低地帯森林に生息している単茎性の着生ラン。花は主に秋に開花し、充実した株からは一度に複数の大きな花穂が出るのでとても見応えがある。強い香りがあるのも魅力の一つ。
原産地
インドシナ半島 標高0〜700m

 
Rhynchostylis gigantea ver.alba
特徴
花の色素が遺伝的になくなってしまったために花が白くなった変種。大株で長い花茎を下垂しながら開花する姿は見事で、白い花だけに滝の様に見える。性質は基本種と全く変わらないので温度が保てれば栽培は容易。
原産地
インドシナ半島 標高0〜700m



戻る
戻る



SEO [PR]  ローン比較 再就職支援 バレンタイン 無料レンタルサーバー SEO