Scaphocepalum



 
Scaphocepalum ochthodes(=Humboitia ochthodes)
特徴
よく似た種にverrucosumという種類があり、よく混同されて流通しているようである。強い日光は好まないのでそんなに日当たりを気にして育てる必要はない。
原産地
コロンビア、エクアドル、ボリビア

 
Scaphocepalum odontchilum
特徴
日中にも深い霧がまくような高山帯に生息している小型の着生ラン。水と湿度は好むが停滞水は嫌い、ヘゴに付けて栽培する等をして栽培するが、日本においての栽培はなかなか骨の折れる物らしい。
原産地
コロンビア、エクアドル 標高1750〜2400m

 
Scaphocepalum ovulare
特徴
割合高温を好む原種で、生息地の標高も他の種に比べて低い。花は開ききらず、壺のようになる。小種名もこの花からきており「卵の様な」という意味を持つ。この種も暗めの光と水を好む。
原産地
エクアドル 標高600〜1200m



戻る
戻る



SEO [PR]  ローン比較 再就職支援 バレンタイン 無料レンタルサーバー SEO