Seraphyta



 
Seraphyta diffusa (=Epidendrum diffusum)
特徴
もともとは1788年にEpidendrum属として登録されたが、1840年にSeraphyta属に分離され、1910年に名前を改称され現在に至る。生育期は高い温度が必要だが、休眠状態にすれば低温にも耐える。強い日光は好まない。
原産地



戻る
戻る



SEO [PR]  ローン比較 再就職支援 バレンタイン 無料レンタルサーバー SEO