Trichocentrum



 
Trichocentrum cebolletum
特徴
オンシジウムによく似た花を咲かせる原種で、棒状で肉厚は葉を付け、大きさは80cm位にまでなる大型種。意外と適応能力は広く、低地から亜高地まで広く分布する。容姿に似合わず、直射日光は嫌う。
原産地
南米 標高150〜1700m

 
Trichocentrum pfavii
特徴
白を基調に、赤褐色から朱色の模様の花を一度に数輪咲かせてくれる。花の大きさは個体差も大きく、3〜5cmと幅広く大輪系になれば着花数は減少傾向にある。熱帯雨林に生息するため、高い湿度と温度を好み、強光線には弱い。
原産地
コスタリカ、パナマ 標高600〜1300m

 
Trichocentrum teres (=Oncidium teres)
特徴
その名の通り、葉は肉厚で棒状、大きさには個体差が激しく10〜45cmと幅があるらしい。以前はオンシジウムとされていたが2001年に属の移動をされたので旧属扱いされて販売されている場合もある。
原産地
ホンジュラス、ニカラグア、パナマ 標高500m



戻る
戻る



SEO [PR]  ローン比較 再就職支援 バレンタイン 無料レンタルサーバー SEO