Trichosalpinx



 
Trichosalpinx ciliaris
特徴
レパンテスとプレウロタリスの中間的な存在で、花はプレウロに似るが、草の容姿はレパンに似る。葉鞘が水受けになっており、朝夕は必ず霧で包まれるので毎日の葉水は欠かせない。弱光環境で栽培し、高温性なので温度管理はそれほどシビアではない。
原産地
南米北部 標高1800m以下



戻る
戻る



SEO [PR]  ローン比較 再就職支援 バレンタイン 無料レンタルサーバー SEO