The genus Arpophyllum



 
Arpophyllum giganteum
特徴
その名の通り、大きな花序を付ける原種で長さは40cm程になる。この見た目からロウソクラン等とも呼ばれる。花自体は小さく1cm弱で開花期は冬〜春。栽培にはあまり強い光は好まないので夏期は50%程遮光する。
原産地
南米に広く分布

 
Arpophyllum spicatum
特徴
桃色の小さな花を多数付け、大きな上に伸びる花穂で咲く。大柄のランなので、大きくすると場所をとるが一度に複数の花茎が上がると何とも見事。冬場でも意外と水を好む。
原産地
メキシコ〜コロンビア、ベネズエラ 標高1000〜2400m



戻る
戻る



SEO [PR]  ローン比較 再就職支援 バレンタイン 無料レンタルサーバー SEO