The genus Bletilla



 
Bletilla striata
特徴
和名ではシラン(紫蘭)。日本にも千葉県以南の地域に自生が見られる。薬草としても使われたそうだが、その用途は私が知ってるわけでもないし、調べてもいないが、効果が有るのか疑問があるらしい。本物はもっと赤っぽいのだが写真を撮影したら青くなってしまった。。大変丈夫で良く庭に植えられている。
原産地
日本、中国、台湾

 
Bletilla striata ver.kotoensis (コウトウアマナラン)
特徴
台湾に産する変種で小型で草丈は大きくて20cm程にしかならず、花は微桃色で美しく、花数は数輪とシランに比べると少ない。丈夫で育てやすく、小型種なので鉢植えに向く。やや寒さに弱い面があるので冬季は発泡スチロール箱等に入れると良い。
原産地
台湾(紅頭嶼)

 
Bletilla striata ver.semialba
特徴
一般に広く販売されている「白花シラン」はこの種がほとんど。花の中央部が若干色づき、栽培状況などによって濃くなったりする。性質は基本種同様で大変丈夫で育てやすい。
原産地
日本、中国、台湾



戻る
戻る



SEO [PR]  ローン比較 再就職支援 バレンタイン 無料レンタルサーバー SEO