Megaclinium



 
maxinum
特徴
花柄が付いている部分が大きく平たくなり花より目立つ存在になっている。この姿がコブラの鎌首をあげている姿に似ている事からコブラオーキッドとも言われる。昔はバルボフィルム属に分類されていたがそこから独立して新属となっている。栽培はバルボに似る。
原産地
熱帯アフリカ



戻る
戻る



SEO [PR]  ローン比較 再就職支援 バレンタイン 無料レンタルサーバー SEO