Oberonia



 
japonica(瓔珞蘭)
特徴
日本に生息する面白い着生ランで、北は宮城県から生息するので大抵の平野部では庭木に付けて楽しむ事ができる。和名の「瓔珞蘭(ヨウラクラン)」は瓔珞という仏具に似て花が垂れ下がって咲く事によると言われている。花は小さいが集団でまとまって咲く。
原産地
日本(宮城県金華山)〜台湾

 
sp
特徴
日本には瓔珞蘭と言われる仲間が生息している。花の大きさが1mmにも満たないような物を動物のシッポの様に次々と咲かせる。花の作りを見るには虫眼鏡などの拡大鏡が必要となる。
原産地
不明

 
sp2
特徴
葉の姿がちょっと変わった原種。長井氏から聞いた話では斉藤氏が新種ではないかと話していたそうだ。花その物は大変小さく、1mmに満たない。花序で目立つような花をつける。
原産地
不明



戻る
戻る



SEO [PR]  ローン比較 再就職支援 バレンタイン 無料レンタルサーバー SEO